鉄道でつなぐ旅

鉄道で旅を楽しむ。列車からの車窓や乗車記を中心に沿線案内等もご紹介しています。

史跡名勝

鶴の舞橋 日本一長い木造の橋へのアクセス方法や橋の撮影ポイントをご紹介

投稿日:2018年3月19日 更新日:

 

JR東日本の「大人の休日俱楽部」の吉永小百合さんのコマーシャルで一躍有名になった、「鶴の舞橋」。
全長は300mを超えて日本一長い木造の三連太鼓橋です。岩木山(津軽富士)をバックに富士見湖にかかる橋の景色は絶景です。今回、五能線に揺られながら途中下車をして見学して来ました。アクセス方法や撮影ポイントや撮影に適した時間帯、お薦めの列車や現地での所要時間などをまとめましたのでご参考にしていただければ幸いです。

アクセス

最寄り駅は五能線JR陸奥鶴田駅です。ここからはタクシー又はバスになりますが、バスの本数が少ないことや最寄りのバス停から鶴の舞橋まで歩いて20分ほどかかるのでタクシーをおすすめします。リゾートしらかみ号に合わせてタクシーは駅前で待機していますが、いない場合は鶴田タクシーさん(0173-22-3515 フリーダイヤル0120-40-3515)が良いようです。
タクシーの料金は片道2000円程です。所要時間は10分ほどです。
※2017年は期間限定で片道1000円の特別価格で提供されていました。2018年もあればいいですが・・
(行かれる方は、大人の休日俱楽部のサイトはチェックした方がいいと思います。)
鶴の舞橋と伝えても通じると思いますが行先は富士見湖パークです。
バスで行かれる場合は弘南バスの御所側ー鶴田線(廻堰経由)109です。最寄りのバス停は廻堰十文字になります。ただ昼間はバスが1本なので実質厳しいかと思います。
五能線は日本海の絶景が車窓から見える路線で有名で観光列車「リゾートしらかみ号」も運転されています。五能線の車窓の景色や列車のご案内も併せてご覧ください。詳しくは五能線リゾートしらかみ号をご覧ください。

【期間限定!】鶴田町特別料金タクシー運行特別料金

上記のアクセスでもご紹介しましたが、今年も特別料金を行うようです。

運行期間(大人の休日俱楽部パスに合わせています)
1.2019年11月28日(木)~12月10日(火)
2.2020年1月16日(火)~1月28日(木)

特別料金区間 鶴田町特別料金タクシー
①JR陸奥鶴田駅 → 富士見湖パーク
②富士見湖パーク → JR陸奥鶴田駅
③富士見湖パーク → 道の駅つるた
④道の駅つるた → JR陸奥鶴田駅

料金
①JR陸奥鶴田駅 → 富士見湖パーク 特別料金:1000円
②富士見湖パーク → JR陸奥鶴田駅   特別料金:1000円
③富士見湖パーク → 道の駅つるた   特別料金:1000円
④道の駅つるた → JR陸奥鶴田駅      特別料金:500円

詳しくはこちらをご覧ください。

富士見湖パーク

鶴の舞橋は富士見湖パーク内の富士見湖にかかっている橋です。
鶴の舞橋の写真をご紹介します。地図も併せてご覧ください。

①付近から取った写真です。ここが富士見湖パークの駐車場になります。
タクシーで来られた場合はここから歩いて橋を渡って向こう岸に行くと岩木山がバックに見えます。


 

 

 

 

②橋を渡る前の写真です。

③ 橋の中間で岩木山を見ています。


④付近からの写真です。


⑤付近からの写真です。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

パーク内の所要時間

パークの駐車場から橋を渡って岩木山を眺めて駐車場に戻るのに最低でも30分は欲しいですね。橋は300mですからね。駐車場から、向こう岸まで往復、優に1kmはあります。

お薦めの時間帯

昼間は岩木山をバックにすると逆光になります。朝か夕方が岩木山をバックにきれいな写真が撮れると思います。

お薦めの列車

泊まる場所や訪れる観光コースによりまちまちだと思いますが、五能線は列車の本数が少ないので比較的時間に無駄のない列車をご紹介します。

青森方面から来る場合

リゾートしらかみ4号 陸奥鶴田着15:03--鶴の舞橋ーー陸奥鶴田発16:38 リゾートしらかみ6号
鶴の舞橋で1時間程散策できると思います。

秋田方面から来る場合

リゾートしらかみ3号 陸奥鶴田着15:17--鶴の舞橋ーー陸奥鶴田発16:53 普通列車弘前行き
こちらも鶴の舞橋で1時間程散策できると思います。

その他

帰りのタクシー

帰りのタクシーを呼ぶ場合は、余裕をもって電話した方がいいです。電話をしてから到着まで10分位掛かります。
ベストは行きの運転手さんに帰りの時間を伝えて来てもらった方がいいかもしれません。

今回訪れた行程

今回はちょっと強行軍でしたがリゾートしらかみ4号で陸奥鶴田16:40着 ここからタクシーで向かい陸奥鶴田駅17:47の普通列車で鯵ヶ沢へ向かいました。賞味1時間でしたが何とか散策出来ましたが・・ちょっときつかったです。
(2017年9月に訪問 2018年3月のダイヤ改正でこの時刻の列車はありません。)

-史跡名勝

Copyright© 鉄道でつなぐ旅 , 2019 All Rights Reserved.