鉄道でつなぐ旅

鉄道で旅を楽しむ。列車からの車窓や乗車記を中心に沿線案内等もご紹介しています。

列車の車窓から

箱根への観光には急勾配を駆け上がる箱根登山鉄道で。山岳鉄道の旅も満喫。

投稿日:2018年11月16日 更新日:

 

箱根への観光には欠かせないのが日本の粘着式鉄道の中で最急の勾配と急カーブをもつ山岳鉄道の箱根登山鉄道です。全国登山鉄道‰(パーミル)会にも所属しています。出発駅の箱根湯本は日本でも有数の温泉地でもあります。沿線には見どころも沢山あります。春は紫陽花、秋は紅葉、冬は雪景色と路線も四季の変化に応じて楽しむ事が出来ます。
このページでは箱根登山鉄道の箱根湯本から強羅までの車内からの様子等を中心にご紹介しています。

路線図

箱根登山鉄道の路線図をご紹介します。標高差とスイッチバックの様子を表現してみました。

車両

現在、箱根登山鉄道では6形式の車両が走っています。
列車の一覧や車内の様子等は別ページにてご紹介しています。下記をご覧ください。

【箱根登山鉄道 前面展望列車】
前面展望列車の先頭車両は誰もが1度は座りたくなるシートです。箱根登山鉄道には6種類の車両が在籍しますが、すべての車両が前面展望を楽しめます。ここでは車両や前面展望座席についてご紹介したいと思います。

又、箱根登山鉄道では初夏の時期のあじさい号を運転しています。

 【箱根登山鉄道 あじさい号】
箱根登山鉄道では6月中旬頃かからさ沿線に咲く「紫陽花」を車内から楽しんでいただくために、夜ライトアップをしたり臨時列車を運転しています。ここでは臨時で運転される「夜のあじさい」号の予約方法・運転日・時刻表・見どころや特典等を中心にあじさい電車をご紹介します。

乗車記等は上記のページでご紹介していますので、こちらもご覧ください。

塔ノ沢 駅

箱根湯本駅を出た列車すぐさま急こう配を登り、塔ノ沢駅に到着します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塔ノ沢駅の箱根湯本行きのホームには深沢銭洗弁財天があります。
本宮から奥宮まで4つの杜からなり金運、良縁、芸事などに福徳があるといわれているそうです。

出山信号所

塔ノ沢駅を出ると列車は撮影ポイントとしても有名な出山鉄橋を渡り大きく左カーブしながら出山信号所に
到着します。ここが最初のスイッチバックです。

 

 

 

 

 

車内からは今渡ってきた出山鉄橋が見えます。標高差が実感出来ます。
ここは信号所なので下車出来ません。

大平台 駅

2つ目のスイッチバック 大平台駅です。

 

 

 

 

 

紫陽花の時期は駅の紫陽花も綺麗です。

 

 

 

 

 

上大平台信号所

3つ目のスイッチバック 上大平台信号所です。スイッチバックはここで最後です。

 

 

 

 

 

晴れていると遠くには房総半島が見える事もあります。

仙人台信号所 - 宮ノ下 駅

 

 

 

 

 

宮ノ下駅を出ると列車は右に左カーブしながら急こう配を登ります。
この付近のカーブは半径30mという急なカーブです。

小涌谷 駅 - 彫刻の森 駅

この付近のカーブは半径30mという急なカーブです。

 

 

 

 

 

3両編成でも前の先頭車両が見える位のカーブです。

強羅 駅

ケーブルカーへの乗り換え駅です。

ここからケーブルカー ロープウェイと乗り継いで大涌谷・芦ノ湖・箱根の関所跡へと行く事が出来ます。

 

 

-列車の車窓から

Copyright© 鉄道でつなぐ旅 , 2019 All Rights Reserved.